低学歴でも就職を勝ち取る方法は?苦戦理由やおすすめの仕事も紹介

就活の基本

これから就職をしようとしている人の中には、自身の学歴を気にしている人もいるのではないでしょうか?
いわゆる低学歴に分類される学校を卒業している場合、就職はうまくいくのか不安になることもあるでしょう。

この記事では、低学歴の人が就職をする際のポイントやおすすめの職業について解説します。

低学歴とはどこからのことを指す?

明確な基準が存在するわけではありませんが、世間一般的には偏差値50を一つの境目としてそれ以上の学校を高学歴、それ以下の学校を低学歴としていることが多いようです。
いわゆる「日東駒専」や「産近甲龍」と呼ばれる大学は十分高学歴の学校だと言えます。

一方で、企業が採用をする際には、偏差値が50以上の大学であっても必ずしも就職に有利になるわけではありません。

また、一流企業では、基準はさらに高くなります。
このような企業の場合、早稲田大学や慶應大学、旧帝国大学、地方国公立大学など世間的にも難関とされる学校出身者を採用することが多いです。

低学歴の方が就活で苦戦する理由

低学歴の方は、なぜ就職活動で苦戦するのでしょうか?
改めてその理由について考えたいと思います。

SPIなど筆記試験による能力差

高学歴と低学歴の就活で最も差が出るのが、SPIや筆記試験などの学力試験です。

高学歴の人たちは難関大学に合格するほどの能力を持っており、SPIなどの問題にも対応できる一方で、低学歴の人たちは学力試験で落ちてしまうことがあります。

ただし、SPIや筆記試験はある程度対策の方法が決まっているため、事前準備をしておけば、高学歴相手でも十分に戦えます。
特にSPIに関しては、就活をきっかけに対策する人が多いため、大学に入ってから勉強を始めても決して遅くありません。

学歴フィルター

就活において低学歴を悩ませるのが、特定の大学出身者以外の応募者を採用選考から外す、いわゆる「学歴フィルター」という存在です。

公式には学歴フィルターはないとされていますが、名門大学の人と低学歴の大学の人が同じタイミングで説明会を予約した時、それぞれ空席と満席で表示が違っていたというエピソードはよく耳にします。

もちろん、学歴ではなく人物重視の企業も多く存在します。
各企業の採用ページや求人サイトなどを確認し、過去にどこの大学の学生を採用しているのかチェックしてみましょう。

学歴を補完するスキルの必要性

学歴に自信がないのであれば、それを保管するスキルを所持している必要があるでしょう。

学歴がどんなに低くても、それをものともしないくらいの圧倒的なスキルを持っていれば、学歴に関係なく大企業にも採用してもらえる可能性があります。

極端ですが、例えば学生時代にスポーツで日本代表に選出している、超難関の資格を持っている、外国語が話せるなど、他の人がすぐに習得できないスキルや経験があれば、差別化のポイントになります。

 低学歴でも就職を勝ち取る方法

続いては、低学歴でも就職を勝ち取る方法について解説します。

逆求人・オファー系のサービスを利用する

逆求人サイトとは、通常の求人サイトでは就活生が企業を選ぶのに対し、企業側が就活生を選択しアプローチするマッチングサイトのことです。
逆求人サイトは徐々に利用者が増加しており、高収入が得られる大企業が参加している他、大企業も就活解禁前に学生にアプローチするために使用していることがあります。

企業側は自社にあった(あいそうな)学生にアプローチできるため、就職後のミスマッチも起こりにくくなるでしょう。

学生にとっては、自分が考えていなかった業界や職種からアプローチが来る可能性があり、選択の幅を広げることが可能です。
通常の求人サイトと同様に、学生側から企業にアプローチもできるため、ぜひ活用してみてください。

創業間もないベンチャー企業を受ける

特に、創業間もないベンチャー企業は、人手が不足していることも多く、学歴不問で採用しているケースもあります。
ただし、場所によっては人材教育そのものが固まっていない場所もあり、自ら動く積極性が求められます。

企業によって色が違うため、自分に合うところを探しましょう。

資格やTOEICの点数で学歴を補完する

学歴の差を埋めるには、他の人にはないスキルを身につけることがポイントです。

資格取得やTOEICでの高得点を目指すのも1つの手です。

  • TOEICやTOEFL、英検などで語学をアピールし商社に就職する
  • 介護系の資格を取得し介護施設に就職する
  • 宅建を取得し不動産業界に就職する

など、資格取得がその後の仕事に直結する可能性もあるため、希望す業種・職種に関連した資格取得をおすすめします。

ニッチオブトップの会社を受ける

日本には、名前こそ知られていないものの、ニッチな分野で世界トップクラスのシェアを誇っている優良企業が多く存在します。
そのような規模の小さい隙間市場において、圧倒的なシェアを誇る企業のことをニッチオブトップと言います。(出典 ASCII.jpデジタル用語辞典)

倒産のリスクも少なく、従業員の育成を考えていたり、給与水準が高いことも多いです。

低学歴の方におすすめの就職先・仕事

最後に、学歴に自信がない方におすすめの仕事をご紹介します。

飲食店

ファミリーレストランや居酒屋、ファーストフードといった飲食店は、常に人手が不足しています。

一方、ある程度経験を積めば、将来独立できる可能性もあり、収入面で高学歴の人を追い越すことができるかもしれません。

小売業

スーパーやドラッグストア、家電量販店などの小売業では、アルバイトから正社員になる人も多く、学歴をあまり重視しない傾向にあります。

品出しや商品の発注・検品、レジなどが主な仕事内容です。

就職しやすい業界とも言えますが、週末や祝日に働くことになるため、会社勤めの友人と休みが合わなくなる可能性があることは覚えておきましょう。

旅行業界

毎年、人気企業の上位にランクインするなど、学歴を問わず高い人気を誇る業界です。

TOEICをはじめとした語学系の資格や試験に取り組み、語学力を身につければ十分に就職できるチャンスがあります。

医療・介護業界

高齢化社会の進行する日本において、今後介護や医療に対する需要はますます高くなっていくと予想されます。

医療・介護業界は人手が足りていない病院や施設が多く、低学歴の人でも就職できる可能性が高いでしょう。

特に介護業界は専門的な資格がなくても、就職してから資格取得に取り組めるほか、将来的に独立を目指すこともできます。
また、介護施設だけでなくホームヘルパー(訪問介護士)として働くなど、働き方を自由に選ぶことも可能です。

建設・設備業界

建設業界も人手が不足している業界の1つです。

現場で働く人の中には、早い人だと中学卒業から働いている場合もあり、学歴はあまり求められません。
もちろん体力は必要ですが、手に職をつけることができます。

また、給与水準が他の業界や職種に比べて高いのも特徴です。

IT業界

クライアントからの要望に応じたシステム設計や開発、アプリ開発・運用、ネットワーク環境の保守・運用など、IT業界といっても仕事内容は多岐にわたります。

IT業界は、実力重視の世界とも言えるので、自身の努力次第でいくらでも出世のチャンスがあります。

接客業のように、1日を通してたくさんの人とコミュニケーションをとるというよりは、自身のタスクを黙々とこなしていくことも多いです。

スピードの速い業界で自己成長を成し遂げたい方にはおすすめの業界と言えます。

まとめ

この記事では、低学歴の人が就活内定を勝ち取るための方法やポイント、おすすめの就職先について解説しました。
学歴に関係なく、就職をすることは十分に可能です。

ただ、一人で就活をするとなれば「本当に就職できるのか?」と不安になります。
そういった人には、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントは利用者にあった求人を紹介してくれるほか、履歴書の添削、面接練習など就職活動のトータルサポートを行ってくれます。

中でもゼロタレントは、非大卒のいわゆる高学歴ではない人を対象としたサポートを行っているエージェントということもあって低学歴の方にもおすすめです。

人気企業や大手企業に就職した実績もあるので、気になる方はぜひ利用を検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました