中卒で正社員は無理?中卒でも稼げる仕事や就職のコツを解説

就活の基本

学歴社会が終わりを迎えはじめている昨今、以前よりも学歴に捉われずに採用をする企業が増えてきました。
しかし、昔から続く学歴社会を採用している会社は今でも存在しているため、中卒の学歴での就職活動は困難なのでは…と不安を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

学歴が中卒だと正社員で就職するのは本当に難しいのでしょうか?
その実態について調べてみました。

中卒で正社員の就職は厳しい?

中卒で正社員に就職する割合が、大卒や高卒に比べると低いのは事実です。

「中卒」という学歴に対する世間のイメージは、依然としてあまりよくない現状が続いています。
勉強する意欲がないと思われたり、問題にぶち当たったときに解決できないのでは?というマイナスイメージをもたれているためです。

当然すべての人がそうではなく、さまざまな事情や想いがあって中卒という選択をしているかと思います。
しかし企業からすると、そのような可能性がある人を採用するのはリスクであり、敬遠する傾向にあります。

中卒の就職率は?

厚生労働省の調べによれば、中卒で仕事をしている若年労働者の割合は全体のわずか2.5%です。

また、正社員として働いている人は中卒が37.5%、高卒で60.2%、大卒で79.6%、大学院修了では87.7%と、学歴が上がるにつれて正社員として働く人の割合が上がっていることがわかります。

【参考】【個人】1 現在の就業状況 – 厚生労働省

高卒者・大卒者との平均年収の比較

厚生労働省の調べによると、高学歴になるにつれ、平均年収も高くなる傾向にあります。

学歴別の平均年収は、

  • 大学・大学院卒の場合:男性が約400万円・女性が約290万円
  • 高専・短大卒の場合:男性が約315万円・女性が約258万円
  • 高校卒の場合:男性が約290万円・女性が約213万円

となっています。

中卒の年収に関しては、学歴別に40代の平均年収を調べたとき、高卒と比較すると年収にして約50万円、大学・大学院卒と比較すると最大で約300万円以上の差があるというデータが出ています。

【参考】(3)学歴別にみた賃金-厚生労働省
【参考】2019年9月更新!40歳代の平均年収、徹底分析|男女・地域・学歴-転職Hacks

中卒者OKで正社員募集をしている仕事って?

ここまで見ると「中卒で正社員として働くのは難しいのでは」と感じるかもしれませんが、高卒以上に比べると選択肢は少ないものの、実際に正社員になることは可能です。

中卒(学歴不問)で就ける職種にはどのようなものがあるのか、男女別に見ていきます。

男性

男性は体力勝負の仕事・求人が多いのが特徴です。
やる気と努力する気持ちがあれば、どの仕事でもしっかりと稼ぐことができます。

飲食業

接客が得意な人はもちろん、身近に存在する業界であるため苦手な人でも働きやすいのが飲食業です。

飲食業は接客をメインとするホールスタッフや、キッチンで皿洗いや調理などを行う調理スタッフの仕事があります。

特に調理スタッフは接客が苦手な人でもチャレンジしやすい仕事です。

営業職

人と接するのが好きな人におすすめなのが営業職です。
頑張り次第では、結果がそのまま評価や給与に直結するため、その分やりがいが大きい職種と言えるでしょう。
学歴不問の求人が多く、ポテンシャルで採用されることも多いです。

エンジニア

「人と話すのが苦手でもパソコンは得意」という人には、エンジニアがおすすめです。

現在のIT業界は人手不足の企業が多く、経験不問の企業がたくさんあります。
しっかりとスキルを身につければ、高収入を目指すことも夢ではありません。

女性

体力勝負の男性とは反対に、女性はサービス業の求人が多くあります。

販売職

アパレルや化粧品を売る美容部員など、女性をターゲットにしたお店での販売職の求人が多くあります。

接客と販売が主な仕事になります。

接客が好きな人はもちろん、ご自身が好きなブランドのお店を選ベば、楽しく仕事ができそうです。

飲食店

レストランなどの飲食店の求人は、男性だけでなく女性にも多いです。
特に接客をメインとするホールスタッフは、多くの働き口があります。

料亭や高級レストランなど、お店によっては仕事を通して礼儀作法を身に付けられるところもあります。

介護職

介護職は、販売職や飲食店に比べ体力を必要とする仕事ですが、女性が多く活躍している職種です。

高齢化の影響でどこも人材不足を課題としているため、働きやすい環境を整えている会社が増えてきています。
求人が豊富な分、自分に合う職場を選びやすいです。

また関連する資格を取得することで、キャリアアップを図ることが可能です。

中卒でも正社員への就職を成功させるコツ

学歴不問や未経験OKの求人では、学歴よりも仕事をきちんとこなしていけるかどうかが見られます。

学歴に関係なく魅力的な人を採用したい、と考えている企業も多いです。
たとえ高学歴であっても、やる気や成長意欲がない人は敬遠されます。

また、高卒・大卒以上の人と比べて、若いうちから経験をしっかり積むことができるのは最大のメリットです。
長く働きながら目標を持って経験値を積んでいけば、昇格をしたり、管理職になれる可能性もあります。
ご自身の努力でチャンスを大きく広げていきましょう。

ここでは、正社員への就職を成功させるためのコツ・ポイントをいくつかお伝えします。

ITベンチャー企業で長期インターンに応募する

IT企業には未経験歓迎の求人を出している企業が多いです。

ベンチャー企業は、業界の動きが早く成長スピードや新しい発想が重宝されるため、アルバイト、正社員など雇用形態に関わらず、能力や情熱のある人にはチャンスが与えられます。

ITベンチャー企業で長期インターンをすることで、ITの技術を学びながら責任ある仕事を任せてもらえたり、社員や経営陣と近い距離で仕事ができたりと、多くのメリットがあります。

資格の取得

資格を取得しておくことで、就職時に役に立つことがあります。

どんな仕事を目指すかによって取得しておくと有利になる資格が異なるため、今後ご自身がどのような生き方をしたいかと合わせて検討すると良いでしょう。

IT系の資格であれば「基本情報技術者」、事務系の仕事を希望するなら「秘書検定」などがおすすめです。

【関連】フリーターにおすすめの資格7選!就職に有利な理由や選び方は?

非大卒向けの人材紹介エージェントの利用

求職者向けのサイトは数多くありますが、その中でも中卒を含む、非大卒に特化した人材紹介エージェントを利用するのが良いでしょう。

非大卒向けのサポートを専門にしているため、有名な転職サイトと比較すると、仕事探しがスムーズです。
自己分析や履歴書の書き方なども学べます。

人材紹介エージェントとは、キャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーと呼ばれる就職・転職活動に詳しいプロの担当者が、仕事探しについて無料でサポートをしてくれるサービスです。
エージェントが求職者の代わりに求人を探すことはもちろん、選考中を含めて納得のいく企業に就職が決まるまでフォローを受けることができます。

例えば、ゼロタレントは中卒を含む非大卒向けの人材紹介エージェントです。
中卒の方をはじめ、高卒・専門卒・高専卒・大学中退を専門とした就職活動サポートサービスを行っています。
LINEでの就職活動も無料で受け付けているため、まずは気軽に利用してみることをおすすめします。

まとめ

中卒だからと正社員を諦める必要はありません。
学歴に関係なく、素直でやる気がある人とは一緒に働きたいとどの企業も思うものです。

これからどのような生き方・キャリアの積み方をしたくて、そのためにご自身がどんな仕事を選択するのかはとても重要です。
「正社員として働きたい!」というエネルギッシュさがあれば、道は開けます。

ゼロタレントなどの就職エージェントを活用して、ぜひ納得のいく就職先を見つけてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました