中卒・高卒でも大企業に就職できる?リアルな経験談をインタビュー!

インタビュー

転職活動中の方の中には、最終学歴が中卒・高卒であることにコンプレックスを感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
創業長い老舗企業の中には、未だに学歴重視の採用活動を行なっている企業も存在します。
そのため、大学を卒業していた方が就職の際に有利になるケースもあります。

しかし、近年は働き方の多様化に伴い、候補者のポテンシャルやカルチャーフィットに重きを置く企業も増えており、最終学歴が中卒や高卒でも大企業へ転職できるチャンスはあるのです。

今回は、大企業と中小企業の違いや、大企業に就職するコツを紹介します。
記事後半では、実際に中卒で大企業に就職した方へのインタビューを公開します!

中小企業と大企業の違い

求職者が就職先を選ぶ際、「誰もが聞いたことのある名の知れた大企業と、成長スピードが速くさまざまなスキルを磨ける中小企業のどちらにすれば良いのだろうか」と迷うことがあるでしょう。

そもそも、大企業と中小企業の違いは「中小企業基本法」という法律により、違いが定義されています。
ここでは、中小企業と大企業それぞれの定義や特徴を見ていきましょう。

中小企業の定義・特徴

中小企業庁が公表している「中小企業の定義について」によると、中小企業の位置付けは資本金の額や従業員の数など業種によって定義されています。

【引用】中小企業の定義について – 中小企業庁

中小企業では、大企業に比べると従業員の数が少ない分、高い裁量権を持って働くことができます。
売り手市場が加速している近年は、実務スキルがない業種・業界未経験者を募集している企業が増えているのが現状です。
そのため、超実践型でさまざまな業務に携わりながらスキルアップできるチャンスに恵まれています。

一方で、課題意識を持ち、PDCAを回して自主的に業務に取り組むことのできる当事者意識の高さが求められます。
ただ単に言われた仕事を”こなす”のではなく、自分ができることを見つけて先輩の仕事を取りに行く、といったような自走力の高さが必要です。

大企業の定義・特徴

大企業は、中小企業のように法律で細かい定義づけがされているわけではありません。
そのため、上記で紹介した中小企業の定義よりも、資本金や出資金の額が大きく、従業員数が多い場合は大企業であると判断されます。

大企業は中小企業に比べ、社会保険をはじめ、資金を自分で運用しながら年金の積み立てができるiDeCo、家賃を会社が負担する住宅手当、健康診断、eラーニングや通信教材の提供といった福利厚生が充実しています。
ネームバリューがある分社会的信用度も高く、休暇制度が整っており安定して働き続けられるといった点も、大手企業ならではの特徴のひとつです。

ただし、従業員数が多い分ライバルが増えるため、部署内での同僚との競争が激しく出世のチャンスが限られてしまう可能性も考えられます。

学歴による賃金・生涯年収の差は?

大企業と中小企業どちらに勤めるのかで、賃金や生涯年収に差が発生することがあります。

労働政策研究・研修機構が公表している「ユースフル労働統計2018」で企業規模間格差を見たところ、各学歴とも1000人以上規模の水準が最も高いことがわかります。


【引用】ユースフル労働統計2018 図13-4 p199 – 労働政策研究・研修機構

また60歳の定年まで働き続けた場合の生涯賃金(退職金を除く)は、高卒の男性は1,000人以上規模で2億8,000万円であるのに対し、10~99人規模では2億1,000万となっています。
(同一企業型の職業生涯の場合/p.313-314より)
つまり、大企業で働いた場合と中小企業で働いた場合で、生涯賃金に7,000万円もの開きがあるということです。

中卒・高卒で大企業に就職するには?

大卒でなければ、大企業に就職できないというわけではありません。
近年の採用市場では、企業が求職者を選ぶ側から選ばれる立場へと変化しています。
それに伴い、知名度やブランド、給与・賞与といったハード面を重視する企業選びから、やりがいや企業理念への共感、一緒に働く仲間といったソフト面に重きを置く求職者が増えています。

そのため、大企業でも学歴だけに捉われず、求職者の熱意やポテンシャルを優先した採用活動を行うケースが増えています。
そのため、中卒や高卒の方でも、大企業で正社員として働ける可能性は十分に考えられます。
ここでは、内定率を上げるための就職活動のコツを見ていきましょう。

経験・スキル・資格を取得する

学歴に自信がなくても、実務経験や資格、スキルなどがあれば面接で有利になるため、大企業へ転職できる可能性も十分考えられます。

ちなみに、中卒・高卒のフリーターが転職する際にとっておくと便利なおすすめ資格は、下記の記事で詳しく紹介しています。チェックしてみてください。

【関連】フリーターにおすすめの資格7選!就職に有利な理由や選び方は?

未経験者歓迎の職種や業界を選ぶ

未経験者を募集している業種や業界に絞って就職活動をすることも、大企業に正社員として入社する方法のひとつです。

たとえば、エステサロンや介護サービスなどは、実務経験がない中卒や高卒を正社員として積極的に採用する求人募集が多い傾向にあります。
その他下記の業界でも、学歴や実務経験の有無に関係なくさまざまなバックグラウンドを持つ人たちが活躍しています。

  • 不動産業
  • 飲食業
  • IT・メディア事業
  • 建築・製造業
  • ホテル・レジャー産業

中卒・高卒向けの転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用することで、就職活動の成功率はさらにアップします。
転職エージェントとは、経験豊富なアドバイザーが相談者の転職活動をサポートするサービスのひとつです。
プロのアドバイザーが、相談者一人ひとりとじっくり向き合い、時に優しく、時に厳しく全力でバックアップするため、なんでも気軽に相談できる心強い味方となります。

たとえば、「ZERO TALENT」では、中卒や高卒、大学中退者を対象とした仕事紹介を行っています。
学歴に関係なく働ける、優良企業の求人を豊富に取り扱っているため、中卒や高卒でも正社員として就職できるチャンスが広がります。

インタビュー:出野佑都様|中卒→大手企業に正社員として就職

【インタビュー対象者】
出野佑都様(現在 24歳)

中学卒業後、海外でプロダンサーとして活躍し、大企業へ。
前職はバレエダンサー、そして現在は大手企業の新規事業推進支援コンサルとして活躍する異色の経歴の持ち主。
▶︎就活時に利用していたサービス:ゼロタレント(転職エージェント)

バレエダンサーからなぜコンサルタントに?

ZERO MAGAZINE
ZERO MAGAZINE
はじめまして。本日はよろしくお願いします。まずは、出野さんが勤めている会社と現在の主な業務内容について教えてください。

インタビュー対象者
インタビュー対象者
はい。私は現在、システム開発やバックオフィス支援などさまざまな事業を展開する「パーソルプロセス&テクノロジー株式会社」で、クライアント様の新規事業における推進支援コンサルを担当しております。
ZERO MAGAZINE
ZERO MAGAZINE
パーソルグループというと大企業ですよね。コンサルタントというのは、具体的にどんな仕事内容になるのですか?
インタビュー対象者
インタビュー対象者
ざっくり言うと、クライアント様が抱えている問題をじっくりヒアリングし、ニーズに則した良い解決策を一緒に考えていく仕事です。
ZERO MAGAZINE
ZERO MAGAZINE
職種や業界ごとで専門性の高い知識が求められるかと思うのですが、出野さんは前職でもコンサルタントとして働いていらしたんですか?
インタビュー対象者
インタビュー対象者
いえいえ、コンサルタントは未経験です。むしろ、会社に勤めて働くということ自体が初めての経験でした。と言うのも、私は幼少期から23歳までの十数年間ずっと、バレエダンサーひと筋だったんですよ。もちろん最初は、私にコンサルタントが務まるのか非常に不安でしたが、当時の面接官の人柄に強く惹かれて入社を決めました。

中卒でも正社員になれるチャンスがある

ZERO MAGAZINE
ZERO MAGAZINE
バレエダンサーとコンサルタントだとまったく違う世界ですよね。そもそものお話になってしまうのですが、なぜ現在の会社に就職しようと思ったんですか?
インタビュー対象者
インタビュー対象者
きっかけは、YouTubeで転職エージェントの広告を見たことです。中卒の私でも、正社員として働けるチャンスがあるんだとその時はじめて知りました。これまでバレエダンサー1本で生きてきたのですが、漠然と、プロを引退した後の自分の将来に不安を感じてしまったんですよね。

ZERO MAGAZINE
ZERO MAGAZINE
就職活動をした経験がない中で、履歴書の書き方がわからなかったり、面接でうまく受け答えできなかったりといった不安はありましたか?
インタビュー対象者
インタビュー対象者
もちろんありました。ただそれ以上に、転職エージェントの担当の方が親身に相談に乗ってくれたので、不安を感じる暇もないほどとんとん拍子に事が進み、一度に10社の方とお話できる機会をいただいたんです。だから、転職活動時間は実質10時間ほどだったと思います。

自分が将来どうありたいかを強くイメージする

ZERO MAGAZINE
ZERO MAGAZINE
登録から面接までスムーズだと、無駄な待ち時間も減って1日でも早く就職することができますね。最後に、転職を成功させるコツについて教えてください。

インタビュー対象者
インタビュー対象者
ありきたりな表現になってしまいますが、一番は自分のなりたい将来像を具体的にイメージすることでしょうか。自分の目標を最短ルートで実現するために、どんな会社へ就職するのか取捨選択できるようになりますから。
インタビュー対象者
インタビュー対象者
それともうひとつ。これは私自身が心がけていることでもあるのですが、何事もまずは行動あるのみだと思います。頭で考えるよりも動くことで、良くも悪くも状況を変えることができますからね。
ZERO MAGAZINE
ZERO MAGAZINE
ありがとうございました!

まとめ

今回は、中卒や高卒など学歴に自信のない方が大企業に就職するコツや実際に中卒で正社員として活躍する出野佑都さんのインタビューをお届けしました。

「書類選考がなかなか通らない」「面接までは漕ぎ着けたものの合格できない」といった悩みを抱えている方は、中卒や高卒、短大卒など学歴に関係なく正社員までの就職・転職をサポートする転職エージェント「ZERO TALENT」を利用してみてはいかがでしょうか。
相談者の性格や趣味嗜好に合った求人紹介はもちろん、自己分析のやり方や履歴書&職務経歴書の添削、面接対策などのバックアップ体制も万全です。

タイトルとURLをコピーしました