フリーター必見の就職支援サービスとは?選び方やおすすめ3選を紹介

就活の基本

現在フリーターの方、ニートの方で、現状を脱却して正社員になりたいと考えている人は多いのではないでしょうか。一方で、脱却するために、何をすればいいかわからない人も少なくないでしょう。

そこでこの記事では、フリーターの方が就職活動をする際に利用できる就職支援サービスについて紹介します。
1人だと大変な就職活動も、プロに支援してもらうことで成功率も高まるはずです。
ぜひ参考にしてみてください。

就職支援サービスとは?

就職支援サービスとは、専門の就職アドバイザーが就職活動のサポートをしてくれるサービスです。
例えば履歴書の書き方や志望動機の考え方、面接対策方法などを教えてくれます。
また、どのような業界・職種で働きたいのか、面談を通して少しずつ明確にしてくれ、実際にその業界・職種の仕事を紹介してくれるなど、仕事が決まるまできめ細かいサポートを行ってくれる点が特徴です。

就職活動を行う場合、基本的には求人情報を探してから応募、面接日程の調整などはすべて1人で行うことになります。
しかし、就職支援サービスを利用すると、求人情報を提供してもらえるほか、応募や日程調整などをすべて代行してもらえるため、手間がかからない点もポイントです。

ハローワークとの違い

ハローワークとは「公共職業安定所」という就業支援サービスを提供する公的な機関です。就業支援の他にも職業訓練や企業を退職した人向けの雇用保険の手続きなども行っています。
ハローワークでも担当職員が一緒に求人を探してくれたり、面接予約を行ったりすることもありますが、公的機関ということもあり混雑していることも少なくありません。

また、担当者といっても専任ではないため、基本的には1人で就職活動を進めていくこととなります。
さらに、扱っている求人の多くが中途採用中心であるため、未経験だとなかなか内定までたどり着けない可能性もあります。
正社員の求人はあまり多くなく、非正規雇用での求人が多いという特徴があります。

求人サイト・就職情報サイトとの違い

各社で展開されている求人サイトを利用する場合は、自分自身で求人探しを行います。
サイトへ登録して、求人情報を探し、申し込みなどを行っていく形です。
サポートをしてくれる人はいませんが、自分のペースで情報収集や応募ができます。

また、パソコンやスマートフォンがあればいつでもどこでも応募ができる手軽さも特徴だと言えるでしょう。

扱っている求人数自体も非常に多く、サイトによっては万単位の求人を扱っていることもあります。
数が多い分、本当に自分にあった企業とマッチングできるまで根気強くサイトを利用する必要があるでしょう。

就職支援サービスを利用するメリット

就職するための方法として、様々な方法が挙げられますが、その中で就職支援サービスを利用するメリットはなんなのでしょうか。

就職活動のプロのアドバイスが受けられる

就職支援サービスを利用すると、利用者1人1人に専任の担当者がつきます。
これは、どの会社を利用しても基本的には同じです。
担当者は就職活動のプロであるため、求人探しから面接対策や書類添削まで幅広くサポートしてくれます。
また、担当者は企業の内情にも精通しているため、どういった人材を求めているかといった重要な情報を教えてもらうことも可能です。

さらに、ほとんどの支援サービスでは最初にカウンセリングを行い、どういった仕事を探すのか、どういった社風が向いているのか、どういった働き方が理想的なのかといった点の洗い出しも行ってくれるので、就職後のギャップを小さくすることもできます。

各種対策や添削が受けられる

就職支援サービスでは、求人の紹介だけでなく、志望動機や自己PRの添削、面接練習なども行っています。しかも、これらは基本的に無料です。

面接練習は1人では行えないため、ぶっつけ本番で緊張して何も話せないという状況に陥る恐れがあります。
また、志望動機などは自分だけで考えると読みにくい文章になってしまうことが多いです。
このように、就職活動をする上でのポイントでありながら1人で行うことが大変な部分をサポートしてもらえる点は大きなメリットだと言えます。

今まで知らなかった企業と出会える

就職支援サービスは、求人サイトやハローワークには出回っていない、非公開求人情報を持っていることがあります。
また、専任の担当者が、利用者の特性を理解して適切な企業を提案してくれます。
そのため、求人サイトなどでは見つからなかった企業に出会える可能性が十分にあるのです。

ちなみに、ハローワークは求人の掲載が無料で行えるため、どんな企業でも求人を載せることができます。応募がなくても求人を取り下げる必要もないため、人気のない求人もたくさん混ざっている可能性があるのです。
就職活動を精度よく・効率的に行うためには、就職支援サービスの利用がおすすめです。

手間が省ける

先ほども触れていますが、求人支援サービスでは、応募から面接日程の調整、就職後の各種条件の交渉などはすべて専任の担当者が代わりに行ってくれます。
そのため、利用者は、自分のやるべきことに力を注ぐことが可能です。

就職支援サービスを選ぶポイント

就職支援サービスと一言でいっても、サービスは各社から展開されています。
続いては、サーボスを選ぶ際のポイントについて解説します。

ターゲットは?

就職支援サービスによって、ターゲットとなる利用者が異なります。
フリーターや第二新卒など若手向けのサービスを展開する企業もあれば、ある程度のキャリアを積んだ方向けのサービスもあるため、まずは各社のホームページを確認してターゲットを把握するようにしましょう。

サポート体制は?

履歴書や志望動機の添削、面接練習など幅広いサポートを展開しているサービスが一般的ですが、細かい部分ではサービスによって違いがあります。
例えば、就職するまでをサポートの対象としているサービスもあれば、就職後もサポートを継続して行うサービスもあります。
自分の中でどのようなサポートが必要なのか、逆に何が不要なのかをよく考えるようにしてください。

実績は?

利用者が最も気になるポイントの1つが実績です。
過去の利用者がどのような企業に就職しているのか、どのような業界・職種に就職しているのか、といった実績は、各社のホームページに掲載されていることもあるので確認してみてください。
また、就職支援サービスでは、お試しで無料カウンセリングを行っているケースもあります。そこで過去の実績について質問してみるのもいいでしょう。

担当者の雰囲気は?

就職支援サービスは、専任の担当者との二人三脚で就職を目指していくことになるため、担当者との相性は就職活動の成否に大きく影響します。
サービスによっては担当者を顔写真入りで紹介しているケースもあるため、ぜひチェックしてみてください。
また、無料カウンセリングなどで担当者の雰囲気を確認するのも1つの方法です。

おすすめの就職支援サービス3選

最後に、フリーターの方にオススメの就職支援サービスを3つ紹介します。
これから就職活動を行おうとしている方はぜひ参考にしてみてください。

ゼロタレント|非大卒におすすめ

ゼロタレント

ゼロタレントは、株式会社ZERO TALENTが提供しているサービスです。
その特徴としてあげられるのが、中卒や高卒、専門卒、高専卒、大学中退などの非大卒を主に対象としたサービスを展開している点です。

「大卒じゃないと求人に応募できないのでは?」と不安に思っている方もいるかもしれませんが、非大卒でも応募できる求人を多数取り扱っているので、応募先が見つからないといった心配はありません。
また、「就職はしたいけど何からすればいいのかわからない」という方でも、担当者が親身にサポートしてくれ、一緒に考えてくれるため安心です。

さらに、履歴書の書き方や自己分析、面接練習など、就職に向けて徹底的にサポートをしてもらえる点も嬉しいポイントです。

過去には、IT企業や大手不動産企業、人材系ベンチャーなどに就職した方もいます。
また、わずか7日で内定を獲得したというケースもあるようです。

LINEからでも利用できるので、まずは気軽に始めてみてはいかがでしょうか。

JAIC|フリーター・ニート・未経験でも安心

JAIC

JAICは、株式会社ジェイックが運営している就職支援サービスです。
サービスの特徴としてあげられるのが、フリーターや既卒、未経験を対象にした無料就活講座を行っている点です。
一から就職活動や仕事について学ぶことができるため、社会人経験がない人でも安心して就職活動に取り組むことができます。
また、就職した後の個別サポートも行っているため、働き始めてからの悩みを相談することも可能です。

JAICで扱う求人はすべて正社員の求人のみで、1つ1つ実際にJAICの社員が会社に足を運んでチェックしています。
また、外食やアミューズメント、不動産といった、離職率が高い業界の求人は扱っていません。スーツを着て働く仕事が中心というのも大きな特徴です。

就職することを目的にしているのではなく、就職してから長く働けることを目的にしているサービスだと言えるでしょう。

ハタラクティブ|20代のフリーター・第二新卒・未経験に特化

ハタラクティブ

ハタラクティブは、レバレジーズ株式会社が提供する就職支援サービスです。
20代や第二新卒、といった若手に特化したサービスを展開しており、フリーターやニートなど職歴がなくても利用できます。実際に正社員未経験でサービスを利用する人も少なくないそうです。
また、未経験分野への就職へのチャレンジも不可能ではありません。

カウンセリングでは、これまでの経験やこれからのことを徹底的に話すことで、利用者1人1人に適した業界や職種を提案してくれます。
これまでにカウンセリングを行った実績は60,000万人以上に登り、実績も十分です。

求人は、未経験OKのものを常に2,000件以上扱っているほか、ハタラクティブが実際に訪問して取材した企業のみを紹介しているため、安心して申し込むことができるのも強みだと言えるでしょう。

まとめ

就職支援サービスは、専任の担当者がつくため、フリーターやニート、第二新卒の方でも安心して就職活動を行うことができます。
また、基本的に利用料金はかからない仕組みであるため、自身の経歴に不安がある、何をすればいいのかわからない、という人は積極的に利用してみてください。
サポート内容やターゲットはサービスを展開する各社によって異なるため、各社のホームページを確認し、自身にあったものを選ぶようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました